歓喜の水谷隼に張本智和ダッシュ「いくなと思っていた」…卓球男子団体銅メダル

スポーツ報知
銅メダル獲得が決まり、水谷(右)に抱きつく張本(カメラ・竜田 卓)

◆東京五輪 卓球男子団体(6日、東京体育館)  ▽3位決定戦 日本3―1韓国

 水谷隼、張本智和(ともに木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)で臨んだ日本は、韓国に3―1で勝利し16年リオデジャネイロ五輪の銀に続く銅メダルを獲得した。2勝1敗で迎えた第4試合で、リオ五輪シングルス銅メダルの水谷が相手エース張禹珍をストレートで撃破。今大会限りで代表引退を表明している32歳の大黒柱が、日本に勝利をもたらした。

 両手を突き上げ歓喜する水谷に張本が誰よりも早く駆け寄り、抱きついた。「2―1の時点で、ここは水谷さんを信じよう」と準備万端。第5試合になれば自分の出番もあったが、ベンチから離れることなく「3―0が思ったより早かっただけ。いくなと思っていた」と、倉嶋洋介監督や丹羽と喜び合うより先に、コートへ飛び出した。

 試合中は水谷のサングラスを預かって拭くなどサポート。長年、日本男子卓球界を引っ張ってきた先輩と、未来を担う18歳の信頼関係がうかがえた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請