【中日】木下雄介投手が今月3日に死去と発表 7月6日の練習中に倒れ闘病も実らず…

スポーツ報知
3日に死去していた中日・木下雄介投手

 中日は6日、木下雄介投手(27)が今月3日に死去していたことを発表した。

 正午前に、ナゴヤ球場で取材に応じた加藤球団代表は「当球団の木下雄介選手は、7月6日の練習中に倒れて入院をしていましたが、8月3日になくなりました。これ以上のことについては家族の意向もあるので言えない」と説明。これまでは家族の強い意向もあり、発表がなかったことも合わせて明かした。

 木下雄投手は2016年育成ドラフト1位で四国IL・徳島から入団。18年3月に支配下契約し、昨季はキャリアハイ18試合に登板しプロ初セーブも挙げた。

 今季は1軍キャンプを完走も、3月21日の日本ハムとのオープン戦(バンテリンD)で右肩を脱臼。4月に「右肩前方脱臼修復術」と「右肘内側側副じん帯の再建術(トミー・ジョン手術)」を行い、復帰を目指してリハビリに励んでいるところだった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請