水谷隼「信じられない」 卓球男子団体で日韓戦制して銅メダル 2大会連続表彰台

男子団体3位決定戦で韓国に勝利し、銅メダルを獲得した(左から)張本智和、倉嶋洋介監督、丹羽孝希、水谷隼(カメラ・相川 和寛)
男子団体3位決定戦で韓国に勝利し、銅メダルを獲得した(左から)張本智和、倉嶋洋介監督、丹羽孝希、水谷隼(カメラ・相川 和寛)
男子団体3位決定戦 男子ダブルスで勝利し抱き合って喜ぶ(左から)水谷隼、丹羽孝希組(カメラ・竜田 卓
男子団体3位決定戦 男子ダブルスで勝利し抱き合って喜ぶ(左から)水谷隼、丹羽孝希組(カメラ・竜田 卓

◆東京五輪 卓球男子団体3位決定戦(6日、東京体育館)

 卓球男子団体で日本が韓国を下し2大会連続のメダルを獲得した。

 水谷隼、張本智和(ともに木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)で臨んだ日本は、韓国に3―1で勝利し16年リオデジャネイロ五輪の銀に続く銅メダルを獲得した。2勝1敗で迎えた第4試合で、リオ五輪シングルス銅メダルの水谷が相手エース張禹珍を撃破。今大会限りで代表引退を表明している32歳の大黒柱が、日本に勝利をもたらした。

 第1試合は水谷、丹羽の世界でも珍しい左利き同士のペアで登場。1―1の第3ゲーム終盤、丹羽のカウンターがさえ15―13で取った。2―1の第4ゲーム途中は台に近い位置いた水谷がしゃがみ、後方の丹羽が水谷を頭上を通して打ってラリーをつなぐ、珍しい場面もあった。エッジボールで試合が決まると、水谷は6歳年下の丹羽をねぎらうように抱きしめた。

 第2試合は張本が張禹珍とのエース対決。押し込まれるようなラリーもあったが、1―1の第3ゲーム、7―8で相手が取ったタイムアウトの後に、レシーブでポイント。好サーブ2本で先にゲームポイントを握り、12―10で取り切り、試合の流れをつかんだ。最後はラケットを軽く投げてキャッチし喜びを表現した。

 準決勝でドイツと死闘を演じ、2勝3敗で敗戦。銀メダルに輝いた2016年リオ五輪に続く、2大会連続の決勝進出を逃し、「すぐに気持ちを切り替えらない」(丹羽)と肩を落としたが中1日で3位決定戦に臨んだ。対戦相手の韓国は、準決勝で中国にストレート負けしたが、世界ランク4位で同3位の日本との力の差は小さかった。

試合後のコメント

 水谷「信じられない。シングルスは気持ちで何とかとれた。」

 丹羽「僕がどんなにミスしても、水谷さんが強気で攻めていけと言ってくれたので打っていけた」

 水谷「(ダブルスは)いままで練習してきた中でも1番調子がよかった。左左の可能性を示せた」

 張本「水谷さんがいての日本男子チーム。決めてくれると信じていた。リオからの5年、本当に感謝しかない。五輪でも世界選手権でも初のメダル。やっと世界のスタートラインに立てた気がします」

 水谷「最高の後輩たちに恵まれて最高の結果を出すことができた。パリではぜひ、後輩たちに頑張って、金メダルを取ってほしいと思う」

オーダーは以下の通り。

 ▽第1試合(ダブルス)

水谷、丹羽3―1李尚洙、鄭栄植

 ▽第2試合(シングルス)

張本3―1張禹珍

 ▽第3試合(シングルス)

丹羽0―3鄭栄植

 ▽第4試合(シングルス)

水谷3―0張禹珍

試合詳細
男子団体3位決定戦で韓国に勝利し、銅メダルを獲得した(左から)張本智和、倉嶋洋介監督、丹羽孝希、水谷隼(カメラ・相川 和寛)
男子団体3位決定戦 男子ダブルスで勝利し抱き合って喜ぶ(左から)水谷隼、丹羽孝希組(カメラ・竜田 卓
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請