陸上女子・エレンウッド、競技中の体調不良で運ばれる姿を公開「熱中症?」「今までで最も過酷」

スポーツ報知
ジョージア・エレンウッドのインスタグラム(@george_ahhh)より

 東京五輪に出場する陸上・女子七種競技のジョージア・エレンウッド=カナダ=が6日、自身のインスタグラムを更新。競技中に体調が悪くなり車椅子で運ばれる自身の姿などを公開した。

 エレンウッドは、5日に女子七種競技予選などに出場。七種競技は20位だった。「今までで最も過酷なことのひとつだった...でも、ただオリンピックに出場するために出場したわけではない。今朝は、電車に轢かれたような気分で目が覚めました」と悔しさをにじませた。

 症状について「吐き気、疲労感、めまいが襲ってきました。最悪だったのは、800m走の前の数時間でした。深呼吸をすると嘔吐してしまいました。脱水症状か?熱中症?よくわからない」とつづった。

 予選の行われた5日は、自身の26歳の誕生日だった。「今までの競技では考えられないほど、深く掘り下げなければなりませんでした。いずれにしても、私はゴールするつもりでした。皆さんの愛とサポートに感謝しています。私はまだ回復していませんが、今日、自分の道を見つけてゴールした自分をとても誇りに思っています。素晴らしい26歳の誕生日になりました」と英語で記した。

 開会式当日の23日の投稿では、ビニールプールで鍛え抜かれた美ボディーを披露し、あひるのおもちゃや水鉄砲を手に笑顔を浮かべるリラックスしたオフショットをアップ。同28日には深夜に巻き寿司を食べる様子をアップするなど、日本滞在を楽しんでいる様子だった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請