内山高志氏が解説、田中亮明の男子フライ級61年ぶり銅「日本のレベルが上がっていると証明してくれた」

スポーツ報知
男子フライ級準決勝で敗れた田中亮明。3位決定戦がないため、銅メダルが確定した(カメラ・相川 和寛)

◆東京五輪 ボクシング(5日、両国国技館)

 男子フライ級準決勝で、田中亮明(27)=中京高教諭=が、2019年世界選手権5位のカルロ・パーラム(フィリピン)に0―5の判定で敗れ、3位決定戦がないため銅メダルを獲得した。フライ級でのメダルは、日本勢メダル第1号となった1960年ローマ大会・田辺清の銅以来、61年ぶりの快挙。1大会の複数メダルは、女子フェザー級を制した入江聖奈(日体大3年)、フライ級・並木月海(自衛隊)の銅と合わせて過去最多の3個。12年ロンドン大会の男子ミドル級金の村田諒太、バンタム級銅・清水聡の2個を超える快進撃となった。

 * * *

 田中は頑張ったが、パーラムはうまくて強かった。これまでの相手は、動いて攻め続ける田中に根負けした感があったが、パーラムは体に触れさせなかった。田中の右(ジャブ)が出ないのではなく、当てさせてくれなかったのだ。これが相手のうまさ。左ボディーも少なかった。パンチもスピードもある相手なので、不用意にパンチをもらう危険性があったと思う。

 だが、日本選手としてフライ級銅メダルは61年ぶり。大したものです。日本のレベルが上がっている証明をしてくれた。

 これまでは高校生から始める選手が多かったが、最近は小・中学からボクシングを始める機会が増えた。キッズ世代の盛り上がりはレベルアップにつながる。今回、メダル3個という結果から、ボクシングをやりたいという子が増えることを期待する。その意味で田中の銅メダルは、結果だけではなく、底辺拡大につながる功績があると思う。(元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請