谷井孝行氏が解説…池田向希、世界王者・山西利和の存在で自信持って先頭集団を歩けた

スポーツ報知
マッシモ・スタノを追う池田向希(右)と山西利和(左)(カメラ・石田 順平)

◆東京五輪 陸上男子20キロ競歩(5日・札幌大通公園)

 男子20キロ競歩が行われ、池田向希(23)=旭化成=が1時間21分14秒で銀メダルを獲得した。同種目では松永大介の16年リオ大会7位が最高成績だったが、日本人初のメダルとなった。19年ドーハ世界陸上王者の山西利和(25)=愛知製鋼=も1時間21分28秒で銅メダルを獲得。陸上での日本勢ダブル表彰台は、1936年ベルリン大会男子三段跳びで金、銀だった田島直人&原田正夫ら以来、85年ぶりだった。

 * * *

 本当に、よく頑張ってくれたというのが率直な思いだ。やはり世界王者としての山西の存在感は大きい。レース中は池田とアイコンタクトしながら歩く場面も見られた。池田は山西を信頼し、自信を持って先頭集団を歩けただろう。複数メダルが実現したのは、合宿の段階から力を高め合った成果でもある。その意味で、今回32位だったが、前回リオ大会を経験した高橋の存在も間違いなく大きかった。

 レースでは、結果的に17キロ過ぎの山西の仕掛けがメダル争いを絞ることになった。スタノは余裕を持って対応してきたが、残り3キロで力がある中国勢とスペイン勢を振るい落とせたのは大きかった。序盤に王凱華(中国)が飛び出す場面もあったが、慌てて無理に追わず、これ以上離されないという10秒前後の差を保ったまま歩いた判断も冷静。見事なレースプランだった。

 競歩は、なかなか始めるきっかけが少ない種目でもある。国民の皆さまに競歩を知っていただくきっかけになったと思うし、興味が未来の競歩界にとって大きなものになるだろう。その意味でも、今後につながる価値あるメダルになったと感じる。(15年北京世界陸上50キロ銅メダリスト、自衛隊コーチ・谷井孝行)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請