高橋英輝は入賞逃し涙 「結果は残せなかったけど、感謝の思いでいっぱい」

スポーツ報知
高橋英輝

◆東京五輪 陸上男子20キロ競歩(5日、札幌大通公園)

 男子20キロ競歩で、16年リオ五輪代表の高橋英輝(富士通)は1時間27分29秒で32位だった。

 日本勢は池田向希(旭化成)が銀、山西利和(愛知製鋼)が銅とダブル表彰台。高橋は唯一、メダルを逃す結果になったが、まず口をついたのは周囲へのお礼の気持ちだった。「今まで周りの方々に支えられてここまでこられた。結果は残せなかったけど、感謝の気持ちでいっぱい」と二度も繰り返した。

 高橋は50キロも含めた今回の男子代表で、唯一前回リオ大会の経験がある。前回も42位と力を出し切れなかった。「このレースに臨むまで、ずっといい準備をしてきたけど、最後すこし調子を崩してしまって、それを本番までにまとめきれなかった」と絞り出した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請