競歩男子20キロで池田向希が銀、山西利和が銅…競歩でダブルメダルは日本初 メダルは最多43個に

スポーツ報知
男子20キロで銀メダルを獲得した池田向希(左)と銅メダルを獲得した山西利和は笑顔で抱擁を交わす(カメラ・山崎 賢人)

◆東京五輪 陸上男子20キロ競歩(5日・札幌大通公園)

 男子20キロ競歩で、池田向希(旭化成)が銀メダルを獲得した。山西利和(愛知製鋼)も銅メダルで続いた。五輪の競歩で日本勢2人が同時に表彰台に立つのは男女通じて初の快挙となった。日本のメダル総数はリオ五輪の41個を抜いて、一気に五輪1大会で過去最多の43個となった。

 札幌の大通公園を発着点とする周回コースで実施された。

 銀メダルを獲得した池田は、東洋大にはマネジャー兼務で入部。仕事をこなしながら練習に打ち込み、2018年世界チーム競歩選手権で金メダルを獲得する結果を出して、選手に専念することになった。スピードを持続して出しても崩れない歩型、そして誠実に競技に向き合う姿勢を何よりの武器に五輪代表に上り詰めた。4年を過ごした学舎を卒業した今も「東洋大学時代に酒井監督や瑞穂コーチから競技の技術的なことだけではなく、感謝の心や礼儀、自律と自立をすることの大切さ等、人間性の部分も多く学ばせて頂きました」と感謝を込めて振り返る。

 一方、京大出身の山西。美しい歩型を武器に、愛知製鋼で力を伸ばして19年ドーハ世界陸上では日本勢初優勝。男子50キロの鈴木雄介(富士通)と合わせ、2種目制覇の快挙を飾った。今大会に向けてもメダル獲得を公言。北海道・千歳市で行った直前合宿でも「気負わずに、思い切っていければ。金メダルを取りにいきたい」と宣言していた。暑熱下の今レースに向けても順調に調整を進め、見事に銅メダルを獲得した。

 午後4時30分のスタート時の気温は31度、湿度63パーセント。札幌はこの日も最高気温33度を記録し、16日連続で真夏日となり、記録的な猛暑となっていた。

 ◆池田 向希(いけだ・こうき)1998年5月3日、浜松市生まれ。浜松日体高で競歩を始め、3年時の全国高校総体5位。東洋大では入学当初マネジャーを兼務していた。18年5月の世界競歩チーム選手権金メダルで頭角を現し、19年ユニバーシアード優勝。今年3月の全日本20キロ能美大会優勝で東京五輪代表に内定した。人気モデルの「みちょぱ」こと、池田美優は父方のはとこ。168センチ、53キロ。

 ◆山西利和(やまにし・としかず)

 ▼生まれとサイズ 1996年2月15日、京都・長岡京市。164センチ、54キロ。

 ▼競技歴 中学1年生から陸上を始め、京都・堀川高1年から競歩を始める。3年時の13年世界ユース選手権1万メートル競歩金メダル。京大へ進み、17年ユニバーシアード20キロ優勝。18年愛知製鋼入社。18年ジャカルタ・アジア大会銀メダル。

 ▼理系男子 現役合格した京大工学部では制御工学を専攻。卒論のテーマは「部分空間同定法を用いた信号の周波数推定」。

 ▼めがね リオ五輪銅の荒井と同じく、めがね姿で歩く。3月の全日本能美大会では「ずれませんよ。僕くらいになると、めがねが本体なので」と、人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」を意識したような解説も。

 ▼勤務 愛知製鋼では平日午後2時頃まで。「プロに近い形」で競技に打ち込めている。

 ▼趣味 読書。アガサ・クリスティ、東野圭吾ら幅広く。

 ▼好物 魚や和食。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請