高橋由伸氏が指摘、伊藤大海&栗林良吏「新人コンビ」はすでに日の丸の中心

栗林良吏(カメラ・竜田 卓)
栗林良吏(カメラ・竜田 卓)

◆東京五輪 野球 準決勝 日本5―2韓国 (4日・横浜スタジアム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は準決勝で韓国を破り、7日の決勝に進出。プロが参加した2000年シドニー五輪以降4戦全敗の相手をついに破り、1996年アトランタ五輪以来の銀メダル以上が確定した。2―2の8回2死満塁で山田(ヤクルト)が走者一掃の決勝二塁打。同点で迎えた7回以降を伊藤(日本ハム)、栗林(広島)のルーキーリレーで無失点に抑え、正式競技としては初の金メダルに王手をかけた。因縁の相手との一戦を、高橋由伸氏が分析する。

 この試合の勝因は、6回に逆転を許さなかったことだ。好投した山本からバトンを受けた岩崎だが、球持ちがいいから韓国打線は合わないと見ていた。1死一、三塁で5番・金賢洙に高めに浮いたスライダーを拾われたが、これは明らかな失投。すぐに修正したバッテリーは、直球中心の配球に切り替え、連続三振を奪った。同点で止めるか、勝ち越されるかは大きな違い。韓国は昔から、乗ったら止まらない勢いを持ち、岩崎が踏ん張ってくれた。

 7回からの伊藤大もお見事。途中、ロージンバッグのつけすぎで韓国側から指摘される場面もあったが、全く気にするそぶりはなかった。韓国とすれば陽動作戦込みなのだろうが、あざ笑うかのようだった。2イニング無失点の直後、8回2死満塁で山田が走者一掃の二塁打を放ったが、伊藤が作った流れだった。締めた9回の栗林も含め、この新人コンビはすでに日の丸の中心にいる。本当に頼もしく映った。

 あと一つ、決勝は総力戦になるだろう。この試合は若手が頑張り、千賀や大野雄が休めたことは大きい。先発が予想される森下の調子次第では早めの継投も可能で、守りから攻撃のリズムを作る、侍ジャパンらしい試合運びができると思う。バッター陣も3回無死一、二塁で山田が犠打を決めたように、個々が役割をまっとうしている。悲願の金メダルへ、全員が同じ方向を向いた、まさに一枚岩だと感じた。(スポーツ報知評論家・高橋 由伸)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請