【侍ジャパン】栗林良吏が締めた!2勝2セーブ、全戦で貢献「あと1勝」

9回を抑えた栗林良吏(カメラ・竜田 卓)
9回を抑えた栗林良吏(カメラ・竜田 卓)

◆東京五輪 野球 準決勝 日本5―2韓国 (4日・横浜スタジアム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は準決勝で韓国を破り、7日の決勝に進出。プロが参加した2000年シドニー五輪以降4戦全敗の相手をついに破り、1996年アトランタ五輪以来の銀メダル以上が確定した。2―2の8回2死満塁で山田(ヤクルト)が走者一掃の決勝二塁打。同点で迎えた7回以降を伊藤(日本ハム)、栗林(広島)のルーキーリレーで無失点に抑え、正式競技としては初の金メダルに王手をかけた。

 仲間の支えがあった。応えないわけにはいかなかった。「みんなのおかげで、落ち着いて投げることができた」と感謝の言葉を添えたのは栗林だ。3点リードの9回を締めくくり、決勝進出に貢献。準備段階から心強い後押しを受けた。

 「自分の中では見ないようにしていた。点差を気にせず、マウンドに上がりたいと思った」と勝ち越しに成功した8回の攻撃は、あえて無関心を貫いた。冷静でいたブルペン。電話が鳴った。「僕の持っているイメージと打者。伝えていければ、栗林も(試合に)入りやすいと思った」と鳴らしたのは甲斐だった。限られた時間で、呼吸を合わせようとした女房役の配慮。肩の力を抜かせてくれた。

 この日はいきなり先頭を歩かせ、自身の暴投も絡んで無死二塁。「焦らずに、1個ずついこう」と今度は坂本を中心に優しく声をかけてくれた。2死を奪い、最後は朴海旻(パク・ヘミン)を決め球のフォークで二ゴロ。五輪は4試合で2勝2セーブとフル回転し、すべての勝利に貢献している。

 「代えてください…」と力なくつぶやいた名城大時代。当時の役割は先発だった。ピンチを招いたある試合で顔を出した、弱気の虫はすっかり克服した。「自分が守護神だという認識もない。9回のマウンドを任せてもらっている、という気持ちです」と謙虚さも持ち合わせる新人右腕。決勝では胴上げ投手の可能性も十分にある。「次、勝てば金メダル。日本代表としては、そこを目指してやっている。あと1勝。自分の力を出せる限り、出せればいいと思います」。心技体で充実一途。最高に輝く舞台が与えられてもいい。(長田 亨)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請