【侍ジャパン】頼れる坂本勇人!全4戦で打点、接戦で連勝「乗っていける」

スポーツ報知
1回1死、右前安打を放つ坂本勇人(カメラ・竜田 卓)

◆東京五輪 野球 準決勝 日本5―2韓国 (4日・横浜スタジアム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は準決勝で韓国を破り、7日の決勝に進出。プロが参加した2000年シドニー五輪以降4戦全敗の相手をついに破り、1996年アトランタ五輪以来の銀メダル以上が確定した。2―2の8回2死満塁で山田(ヤクルト)が走者一掃の決勝二塁打。同点で迎えた7回以降を伊藤(日本ハム)、栗林(広島)のルーキーリレーで無失点に抑え、正式競技としては初の金メダルに王手をかけた。

 迷いのないスイングで打球を簡単に外野まで運んだ。0―0の3回1死二、三塁。坂本がサイド右腕・高永表の初球直球を振り抜いて中犠飛を決めた。直前に山田が犠打を決めて迎えた好機。「山田選手が初球でバントを決めてくれたおかげです」と笑みを浮かべた。

 初回には右前安打を放ち、これで1次リーグから全4試合で安打&打点を記録。大舞台でも変わらず結果を残すことができる理由は、坂本の心の強さにある。高卒2年目から巨人でレギュラーに定着し、若い時には勝敗に直結するミスも多く経験した。それでも「その状況から逃げ出したいとかは一切なかった。逃げ道をつくりたいとも思わない」。自国開催で金メダルだけを目指す戦いでも、全ての重圧を受け止めて力に変えている。

 宿敵を倒してメダルが確定し、いよいよ7日の決勝戦を残すのみ。「全部苦しい戦いが続いているので、こういうのを落とさずに勝てているのはさらにチームは乗っていける。やることは全部やってきているので、いい準備をしてやるだけ」。悲願の金メダルを手にする瞬間まで、坂本は日本のために力を尽くしてプレーする。(後藤 亮太)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請