【侍ジャパン】山本由伸、勝ち越し許さず6回途中2失点9奪三振…金メダルへ「次の試合も全力で」準備

力投する山本由伸(カメラ・竜田 卓)
力投する山本由伸(カメラ・竜田 卓)

◆東京五輪 野球 準決勝 日本5―2韓国 (4日・横浜スタジアム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は準決勝で韓国を破り、7日の決勝に進出。プロが参加した2000年シドニー五輪以降4戦全敗の相手をついに破り、1996年アトランタ五輪以来の銀メダル以上が確定した。2―2の8回2死満塁で山田(ヤクルト)が走者一掃の決勝二塁打。同点で迎えた7回以降を伊藤(日本ハム)、栗林(広島)のルーキーリレーで無失点に抑え、正式競技としては初の金メダルに王手をかけた。

 何度も首を振った。山本の意地だった。甲斐がマウンドへ歩み寄り、ひと呼吸置いた。「勝ち越されるのは絶対ダメだと思って投げました」。1点差に迫られた6回無死一、三塁。追い込んでからの4球目。外角低めにスライダーを制球。4番・梁義智(ヤン・ウィジ)のバットが空を切った。

 先月28日に登板した1次L・ドミニカ共和国戦に並ぶ9奪三振。救援を仰ぎ、2番手・岩崎は金賢洙(キム・ヒョンス)の同点打までにとどめ5回1/3を2失点。白星こそつかなかったが粘投は勝利へとつながった。

 最速151キロで5回まで韓国打線を圧倒。「メダルのかかっている試合。前回と比べるとより一層緊張感が増していた。とにかく勝つことができて本当によかったです」と笑顔も見せた。

 開幕投手を託された東京五輪は、2試合で計11回1/3を2失点。先発の柱として、役割は果たした。「皆、金メダルを目指してやっている。次の試合も全力で頑張りたい」と最後まで準備するつもりだ。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請