【侍ジャパン】8回1死から左前打の柳田悠岐 決勝打の山田に「山田哲人、すげーなと。マジで思いました」

スポーツ報知
柳田悠岐 

◆東京五輪 野球 準決勝 日本5―2韓国 (4日・横浜スタジアム)

 ソフトバンク・柳田悠岐外野手が、決勝打の起点となった。同点の8回1死。1ボール2ストライクと追い込まれながらも、「しつこく、簡単に終わらないようにいきました」。三遊間を切り裂く安打で出塁した。

 続く近藤の一ゴロで二塁に進塁はできなかったが、その後2死満塁と好機は拡大。1番・山田が決勝打を放ちベンチで大喜びだったギータは「山田哲人すげーな、と。マジで思いました」と、興奮気味に振り返った。

 金メダルを懸けた7日の決勝戦に向けては、「このチームでやれるのも、あと1試合。かみしめて全力で勝ちにいきたい。(チームの雰囲気は)最高だと思います」と意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請