【侍ジャパン】伊藤大海が2回無失点救援で勝利投手に「打線にいい流れをって気持ちでした」

7回から登板した3番手・伊藤大海
7回から登板した3番手・伊藤大海

◆東京五輪準決勝 日本5ー2韓国(4日・横浜)

 日本ハムのルーキー・伊藤大海投手が同点の7回から救援し2回1安打無失点、3三振。8回裏のヤクルト・山田哲人の3点適時二塁打で勝ち越しに成功し、決勝進出がかかった重要な一戦で勝利投手となった。

 「1球目から思い切って自分のボールが投げられたのが一番。どっち付かずの展開ではあったので。少しでもリズムよくベンチに戻ることを考えて、打線にいい流れを(持ってきたい)って気持ちでした」。

 打者2人を簡単に片付けた7回。2死から四球で走者を背負ったが、最後は前の打席で適時打を放っている姜白虎(カン・ペクホ)を3球三振。外角低めへの完璧な直球で見逃し三振を奪った。

 回またぎの8回も安定感を見せた。この試合2安打を放っている先頭の李政厚(イ・ジョンフ)を左飛。4番の梁義智(ヤン・ウィジ)は3球で見逃し三振を奪った。2死から、元メジャーリーガーの金賢洙(キム・ヒョンス)に左翼線への二塁打を浴びたが、代打の崔周煥(チェ・ジュファン)を二ゴロに打ち取った。

 勝ち越しの瞬間はダッグアウトで見ていた。「何試合も終盤にしっかり点を取ってくれる打線なので。安心して見ていました」。5日に行われる米国―韓国の勝者と、7日の決勝戦で対戦。決勝戦に向けても投げる気満々で「投げたくてうずうずしている。普段は先発なので。短いイニングになると思いますけど、だからこそ思い切っていきたいです」と力を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請