【記者の目】田中希実ら陸上中距離種目での躍進の秘密…速さと強さの両立を可能にする“タフさ”

スポーツ報知
女子1500メートル決勝進出を決めた田中希実(左、ロイター)

◆東京五輪 陸上 女子1500M準決勝(4日、国立競技場)

 女子1500メートル準決勝が行われ、日本記録保持者の田中希実(21)=豊田自動織機TC=が日本人で初めて4分を切る3分59秒19の1組5着で6日の決勝進出を決めた。2日の予選で更新したばかりの日本記録を3秒14も塗り替えた。日本勢初出場となった同種目で、いきなり世界トップの13人に名を連ねた。

 * * *

 これまで中距離種目で日本人が苦しんできたのは、スピード持久力不足によるものが大きい。全力に近い動きを貫く短距離や5~6割の力で走り続けるマラソンは得意としてきたが、400メートル~5000メートルあたりは国際舞台に出場するのがやっとという状況。瞬発力を生かしたスプリンターとして走るか、人気の高い駅伝やマラソンを目指すか。日本らしい“二極化”になりやすかった。

 3000メートル障害で日本人初の7位入賞を果たした三浦龍司(順大)や女子5000メートル9位の広中璃梨佳(日本郵政グループ)、田中らが好走しているのは臆せず先頭に出て、主導権を握れるだけのスピード持久力をつけて臨んでいるからだ。純粋なスピードに加えて、それぞれ駅伝やハーフマラソン、トラックでの1万メートルなどに挑戦しスタミナ面での下地を十分作った。速さと強さの両立を可能にする“タフさ”があって初めて、世界と戦えることの証明になった。(太田 涼)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請