「孤狼の血 LEVEL2」特選試写会 主演・松坂桃李らの熱演に約500人が手に汗

スポーツ報知
仙台市で開催された「孤狼の血 LEVEL2」特選試写会

 「第86回スポーツ報知特選試写会」(特別協賛・カメイ株式会社、協賛・写光レンタル販売)が4日、仙台市太白区のMOVIX仙台で開催された。上映作品は、2018年に公開した第1作から続編となる「孤狼の血 LEVEL2」(白石和彌監督、8月20日より全国公開、配給・東映)。報知映画賞邦画作品賞を受賞した第1作「孤狼の血」と同じく、白石和彌監督がメガホンを取った。

 原作は、岩手・釜石市出身の小説家・柚月裕子の「孤狼の血」シリーズ(角川文庫/KADOKAWA刊)。今回は原作では描かれていない映画オリジナルのストーリーが展開。暴力と狂気がはびこる街で繰り広げられる、刑事、暴力団組織、マスコミ、女たちのバトルロイヤルは、見る人に「闘うヤツしか生きられない」という強烈なメッセージを投げかける。

 前作「孤狼の血」にも登場した日岡を演じる松坂桃李(32)は、同作で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。圧倒的“悪”として存在感をみせる上林を演じるのは鈴木亮平(38)。実力派俳優の中村獅童(48)も前作と同じ役で登場する。スタンド華のママ役として元乃木坂46の西野七瀬(27)、日岡のスパイ役として村上虹郎(24)と若手俳優陣も出演する話題作品だ。

 試写会は午後の部と夕方の部の2部制で行われた。一匹狼の刑事・日岡の「生きるため、守るための戦い」に、訪れた約500人の来場客は手に汗を握って楽しんだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×