スケボー銅のスカイ・ブラウン、日本語披露しネット興奮「めっちゃ可愛らしい」「さすがのバイリンガル」

スポーツ報知
スカイ・ブラウン(ロイター)

 東京五輪のスケートボード女子パークの決勝が4日行われ、宮崎県生まれのスカイ・ブラウン(英国)が銅メダルを獲得した。英国選手団最年少の13歳28日での出場。3回目に56・47点を出し、逆転で3位に入り、金メダルの四十住さくら、銀メダルの開心那と抱き合い、喜びあった。

 表彰式後のテレビインタビューでは「日本語でインタビューに応じてもらえますか?」と聞かれると、「英語の方がいい…ごめん」と言いながらも「さくらもここなも…もう、やばい」「わたし、生まれて10年ぐらい住んで…」と日本語で答えていた。

 ネット上ではこのスカイブラウンの姿に「スカイ・ブラウン選手めっちゃ可愛らしいな」「スカイブラウン選手、日本語話してた」「スカイブラウン選手可愛かった 英語の方がいい…ごめん…って言ってるのめちゃくちゃかわよでした 銅メダルおめでとう!!」「一生懸命日本語で喋ろうとしてて可愛い」「ちょっとだけ話してくれた日本語がすごく上手でかわいらしかった」「スカイ・ブラウンの日本語力が気になってたけど、公式では英語で、片言の日本語だった」「スカイブラウンのインタビューかわいすぎだろ」「スカイブラウンちゃん、さすがのバイリンガルww順位とか気にさせないくらい明るくてとてもほっこりする」などの声が上がっている。

 英国人の父ストゥーさん、宮崎出身の母美枝子さんのもとに生まれ、小3から宮崎に住んで小学校にも通った。父の影響でスケートボードを始め、7歳から世界中を転戦する生活を送り現在は米国を主な拠点にする。好きな食べ物は卵かけご飯、納豆、うどんなどの日本食。五輪最終予選で四十住のインタビュー通訳を務めて話題になった。

 世界中にファンがおり、SNSのフォロワーは100万人超え。弟・オーシャンとYouTubeも人気がある。昨年5月の練習中に頭蓋骨と左手骨折の重傷を負った際もSNSで積極的に発信し、前を向く姿勢が多くの支持を得た。多趣味でサーフィンが大好き。米テレビのダンスコンテスト番組で優勝したこともあり、歌をリリースしたり、本を出版するなど活動は多岐に渡る。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請