入江聖奈 ツイッターで「引退」表明を「誤解を招くような発言、申し訳ございません」

スポーツ報知
金メダルを手に笑顔を見せる入江聖奈(カメラ・相川 和寛)

 東京五輪のボクシング女子フェザー級での決勝が行われ、女子史上初の金メダルに輝いた入江聖奈が3日、自身のツイッターを更新した。

 日体大3年の入江は、決勝戦で19年世界女王のネスティー・ペテシオ(フィリピン)に5―0の判定で完勝し、64年東京男子バンタム級・桜井孝雄、12年ロンドン男子ミドル級・村田諒太に続くボクシングで史上3人目の金メダルの快挙を達成した。

 試合後にパリ五輪での連覇を聞かれると「自分の中で有終の美で終わりたいっていうのが強くありまして。やっぱり大学いっぱいでボクシングはやめるつもりです」と来年限りの引退を表明したが、ツイッターで「『引退』は今すぐではなく大学4年生の全日本選手権が終わったら、の話です。まだ1年と3ヶ月ぐらいはボクシングを頑張ります。誤解を招くような発言、申し訳ございません」とつづっていた。

 これには「謝らなくて大丈夫ですよっ!!まずはしっかり休んで金メダルの喜びを噛み締めて下さい」など祝福のメッセージが多数書き込まれていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請