入江聖奈のカエルマスクの正体が判明 販売元のカエル館の館長が就職先として名乗りをあげる

スポーツ報知
入江聖奈が購入した「KawaZooオリジナルマスク」

 ボクシング女子フェザー級で、カエル好きで知られる入江聖奈が金メダルを獲得したことを受け、体感型カエル館「KawaZoo」(静岡県・賀茂郡)の館長・白輪剛史さんは3日、「スタッフ一同で応援していました。ほんとうに喜ばしい。すごいことだなと思います」と話した。

 入江が東京・世田谷区の二子玉川公園の池をのぞき、オタマジャクシを探す姿を撮影したYouTube動画にじわじわと注目が集まっているが、その際に着けているカエルのマスクは同館で販売する「KawaZooオリジナルマスク」(税込み 690円)だと判明した。

 入江が同館を訪れたのは2020年の6月ごろ。ショップで同館オリジナルのカエルマスクを購入する際、スタッフに「五輪に出る予定なんです。五輪に出たらカエルのマスクします」と話していたという。「カエルを好きだと公言してくださるのはカエルのイメージアップにもつながるのでほんとうにありがたいです」。

 現在同館では入江のニックネームでもある「イリエワニ」の雄と雌の名前を募集しているが、「雌の名前は入江さんの名前(聖奈)になりそうだなあ」と予想している。

 入江は試合後に引退も表明。「入江選手はカエルに関わる仕事をしたいと言っているようなので、ご本人が希望されるのであれば私たちも前向きに相談に乗ります」と就職先として名乗りをあげた。(瀬戸 花音)

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請