【オリックス】“史上初男”来田涼斗が藤浪撃ちでアピール!後半戦1軍定着や

3回無死満塁、来田涼斗が右中間へ先制の2点適時二塁打
3回無死満塁、来田涼斗が右中間へ先制の2点適時二塁打

◆エキシビションマッチ オリックス2―2巨人(3日・京セラドーム大阪)

 オリックスのドラフト3位ルーキー、来田涼斗外野手(18)が後半戦の1軍定着へ好アピールした。両軍無得点の3回無死満塁。1ボール2ストライクから藤浪のスプリットを巧みに中前へはじき返すと、ヘッドスライディングで二塁を陥れる好走塁。2点適時二塁打として、先取点を奪った。

 先月13日の日本ハム戦(釧路)で、プロ初打席初球弾のど派手デビュー。高卒新人では史上初の快挙で首脳陣、そしてファンに大きく名前を売り出した。五輪ブレイク中では初めてとなる1軍のエキシビションマッチ出場で結果を出した新鋭は「追い込まれていたので、何とかバットに当ててランナーをかえそうと思っていました。少し詰まったが、いいところに落ちて、タイムリーになってくれて良かったです」と頬を緩めた。

 中嶋監督は「追い込まれてから、しっかり対応できたのは良かった」と、この日の打撃に関してまずは評価した。ただ、将来性に大きな期待をかける高卒ルーキーだけに「いろんな攻め方が来たときに、どうなのかはもちろんあると思うし、守備の方もまだまだ。ボールの追い方などでは、危なっかしいところがありますので。1年目で定位置ってなかなか無いと思うし、そこに関してすぐに使うべきかといえば、そうは思わない。三拍子そろってという選手で、途中で1つだけで(1軍定着へ)上げる選手ではないと思う。そこは考えないといけないと思います」とさらなる成長へと慎重に見守っていく姿勢を明かした。

 試合は先発の田嶋が2回を完全投球。ヒギンスも1回パーフェクトで続いた後、高卒4年目の本田も5回4安打無失点で6奪三振と好アピールした。しかし、9回に登板した張奕が2点リードを守り切れず、引き分けに終わった。中嶋監督は「本田は最初にちょっと、ボールが浮ついたというか、入りのところは難しいところもある。それを差し引いても、良かったと思います。今の投球を続けられるんだったら、そういう風(ローテ争いに加わること)になってくると思います」と22歳の右腕に期待を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請