【ヤクルト】奥川恭伸、味方の失策絡んで5回5失点「ゼロで抑えたかった」

スポーツ報知
奥川恭伸

◆エキシビションマッチ 楽天7―0ヤクルト(3日・楽天生命パーク)

 ヤクルトの奥川恭伸投手が、先発した楽天戦で5回を投げて4安打5失点(自責0)、6奪三振だった。

 初回から150キロを超える直球にスライダー、フォークなど多彩な変化球を交えて2回まで無安打無失点の立ち上がり。しかし3回、先頭の渡辺佳の遊撃へのゴロを元山が失策。さらに2死一、二塁から鈴木大を二塁へのゴロに打ち取ったが、これを吉田成が一塁へ悪送球して満塁のピンチを背負った。

 ここで茂木にスライダーを中前へと運ばれて2点を失うと、続く島内には初球のスライダーを右翼席への3ランとされて5失点。4、5回は無安打無失点に封じたが、3回だけが悔やまれる内容となった。相手先発が則本昂だったこともあり、「相手もすごくいい投手なので勝ちにいくつもりで投げていたんですけど、ああいうところで粘れなかった。ゼロで抑えたかったという思いが強い」と振り返った。

 失点はしたが、五輪中断期間で取り組んでいる変化球の改良については「どの球が自分に1番しっくりくるのかとか、そういうのも試合の中でできた」と収穫はあった。次回登板は後半戦再開後となる見通しで、「チームもすごくいい位置にいると思う。後半戦も引き続きチームが勝てるように一生懸命投げたい」と意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請