ボクシング女子史上初の金メダルに輝いた入江聖奈 自分へのご褒美は「カエル探しの旅」

スポーツ報知
女子フェザー級決勝で勝利し、金メダルを獲得した入江聖奈(右)(カメラ・相川 和寛)

 ◆東京五輪 ボクシング(3日、両国国技館)

 女子フェザー級の決勝がおこなわれ、入江聖奈(日体大)が、19年世界選手権覇者のネスティー・ペテシオ(フィリピン)に勝利し、女子史上初の金メダルに輝いた。日本勢の金メダルは、64年東京五輪男子バンタム級・桜井孝雄、12年ロンドン五輪男子ミドル級・村田諒太に続く3人目の快挙となった。入江は好戦的な左ファイターのペテシオとは過去2勝1敗で迎えた決勝戦だった。直近は昨年3月の五輪アジア・オセアニア予選で入江が勝っていた。

 無類のカエル好きで自身のインスタグラムには「ツノガエル」の写真も掲載。小学2年から指導する日本連盟の伊田武志女子強化委員長は決勝の作戦を「詰め将棋をするトノサマガエル」と表し、「一手一手、詰めて殿様になる」と予告し、王冠のかぶったカエルと入江を重ねてイメージ。入江も「金メダル取ったらカエルから羽がはえてくるほどすごいこと」と言っていた。

 出身の鳥取県初の金メダリストにもなった入江。決戦前日には自身のツイッターで「有難いことにフォロワー様が増えたので」と報告し、「オリンピックが終わったらカエル探しの旅に出るつもりですが、鳥取県か都内でカエル(特にヒキガエル)の目撃情報がありましたら教えてくださると嬉しいです」とつづっていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請