茂木健一郎氏、五輪訪問の白鵬に苦言の相撲協会は「偉大な横綱に対するリスペクトや多様性の尊重がない」

スポーツ報知
茂木健一郎氏

 脳科学者の茂木健一郎氏が3日、自身のツイッターを更新。日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)が2日、横綱・白鵬(宮城野)が東京五輪の柔道会場を訪問したことに関して苦言を呈したことについて、私見を述べた。

 この日、「どんな事情で行かれたのかを精査せずに決めつけるのは、単なる差別だと思う」と書き始めた茂木氏。

 「日本相撲協会は、白鵬関のことに関しては本当にひどい。横綱審議委員会については言うまでもない。偉大な横綱に対するリスペクトや、多様性の尊重がない。出るところに出たら、アウトだと思う」と厳しい筆致で続けていた。

 白鵬は柔道会場の日本武道館を訪れた写真がSNS上に複数投稿されている。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請