倖田來未、レスリング川井姉妹と約束「またメダル見せて」

川井梨紗子(右)と友香子(左)からメダルの報告を受ける倖田來未(本人提供)
川井梨紗子(右)と友香子(左)からメダルの報告を受ける倖田來未(本人提供)
スマホアプリで仲良しツーショットの倖田(右)と梨紗子(本人提供)
スマホアプリで仲良しツーショットの倖田(右)と梨紗子(本人提供)

 レスリング女子57キロ級代表の川井梨紗子(26)と62キロ級代表の友香子(23)は、姉妹そろって歌手の倖田來未(38)の大ファン。特に姉の梨紗子とは、プライベートでも親交が深い。「姉妹金メダル」を狙う2人に倖田がエールを送った。

 倖田と梨紗子の出会いは5年前。テレビ番組で梨紗子が自身のファンだと知り、ライブに招待しようとしたが、その返答に驚いた。「ファンクラブに入っていまして。もうチケットを取っています」。当日の楽屋で連絡先を交換。すぐに梨紗子の魅力に引き込まれた。

「アーティストは、楽しんでもらおうと発信するけど、彼女たちは違う。国旗を背負い、世界と戦う。普段はオシャレ大好きで、あんな華奢(きゃしゃ)な女の子がと。そのギャップがすごくて」

 名古屋が拠点の梨紗子と頻繁に会うことはできないが、「その分ライブの楽屋でしゃべり倒す」。梨紗子がメイクや髪形を尋ねれば、倖田は疲労回復について聞く。スタッフの「そろそろいいですか」の合図まで笑い合うのが恒例。それでも話し足りず、毎日のように電話で話し、入浴中のメールが弾んで「1時間以上出られない」こともザラだ。

 東京五輪の無観客開催が決まった日だった。梨紗子から「無観客は、どんな感じですか」とメールが届いた。すでに無観客ライブを経験していた倖田は「有観客だと、テンションが上がり、叫び過ぎてしまうこともある。無観客は、ある意味冷静でいられる。メリット・デメリットがあるけど、アスリートは違う。普段は高いテンションの中でいかに実力を出すか。今回は冷静さと緻密(ちみつ)さが大事になるんじゃないかな」と返した。

 倖田はライブ前には必ず梨紗子から贈られたマッサージ器で体をほぐす。梨紗子は倖田の楽曲を聴いて勝負に臨むのがルーチン。倖田は22日の夜、夫のKENJI03と共に、梨紗子が一番聴く「Eh Yo」を歌った動画をサプライズで送った。「アスリートは勝ち負けで評価されますけど、彼女が今まで積み重ねたものは間違いじゃない。でも彼女はやりますよ。『やったりますから。メダル取ってきます』と言っていましたけど、梨紗子、絶対やで。またメダル見せてくれるの楽しみにしてるで」(田中 雄己)

川井梨紗子(右)と友香子(左)からメダルの報告を受ける倖田來未(本人提供)
スマホアプリで仲良しツーショットの倖田(右)と梨紗子(本人提供)
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請