【侍ジャパン】ついに鈴木誠也に初安打初アーチ 元日本ハムカーターから左翼席上段に豪快弾

5回無死、左越えにソロ本塁打を放つ鈴木誠也
5回無死、左越えにソロ本塁打を放つ鈴木誠也

◆東京五輪 野球 決勝トーナメント 日本―米国(2日・横浜スタジアム)

 侍ジャパンの鈴木誠也外野手(広島)が、3点を追う5回に今大会12打席目で初安打となる豪快弾を放った。元日本ハムの右腕・カーターから左翼席上段へソロ本塁打を放って2点差に迫った。4番に座る主砲が、この試合の3打席目でついに目を覚ました。

 侍ジャパンは、3回2死走者なしから、坂本(巨人)の2打席連続安打となる中堅フェンス直撃の二塁打を起点に、吉田正(オリックス)と柳田(ソフトバンク)の適時打で2点を先取。だが、直後の4回表に先発の田中将(楽天)が3安打2四死球で3点を失って逆転を許した。田中将は4回途中6安打3失点で降板。それでも4回裏に2死二塁から坂本が3打席連続安打となる左翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち、すぐに追いついて試合を振り出しに戻した。

 だが、同点の5回に3番手で登板した青柳(阪神)が誤算だった。アルバレス、DeNA・オースティンに連打を浴びると、4番のカサスに左翼席へ3ランを被弾。勝ち越しを許したが、5回裏にまたしても反撃に転じた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請