【阪神】大山悠輔&近本光司のインタビューを公式YouTubeと虎テレで公開 大山「50点いくか、いかないか」の前半戦

スポーツ報知
対談に臨んだ阪神・大山(左)と近本(中央は聞き手の狩野恵輔氏。阪神タイガース提供)

 阪神は3日に球団の公式YouTubeチャンネルと動画配信サイト「虎テレ」で主将の大山悠輔内野手、選手会長の近本光司外野手の対談を配信する。球団OBの狩野恵輔氏がインタビュアーを務め、2人に前半戦の振り返りと後半戦の意気込みを聞いた。

 大山は背中の張りなどで離脱したこともあり、前半戦は73試合の出場で打率2割4分5厘、10本塁打、43打点に終わった。「チームとしては100点。いい雰囲気でできている時が多かった。みんなが一体となってできた。(個人的には)50点いくか、いかないかぐらいだと思います」と今後の巻き返しを誓った。

 近本は84試合に出場し、打率2割9分2厘、6本塁打、31打点。リーグトップタイの17盗塁で安打数もちょうど100に届いた。「チームは去年と比べて結果とかじゃなくて、中身だったり、みんながやろうとしていることがレベルアップしている。個人としてもしんどい時もあったんですけど、前半戦で100安打を打てて終われたのは良かった」と振り返った。

 すでに矢野燿大監督、井上一樹ヘッドコーチの対談も配信されており、今後も様々な企画が公式YouTubeチャンネルで企画される予定だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請