男子走り幅跳び王者は日本好き…ギリシャのテンタグル「アブナカッタヨ」

スポーツ報知
男走幅跳び金メダルのM・テンタグル(ロイター)

◆東京五輪 陸上(2日、国立競技場)

 男子走り幅跳び決勝で、M・テンタグル(ギリシャ)が8メートル41で初の金メダルに輝いた。ライバルのエチェバリア(キューバ)と同距離だったが、2番目に距離の長い試技の成績差で頂点に立った。

 日本勢で37年ぶりに決勝へ挑んだ橋岡優輝(富士通)は8メートル10で6位。新王者とは仲良しだといい、試合後に「いいジャンプだったね」と言葉をかけた。「彼は日本が好きで、アニメの話とかもする。『アブナカッタヨ』って日本語で言っていました」と明かしていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請