【阪神】40歳・糸井嘉男が猛打賞「完全体です」 矢野燿大監督Vの切り札に指名

スポーツ報知
3回2死一塁、糸井が右前安打を放つ

◆エキシビジョンマッチ 阪神3―0西武(1日・甲子園)

 チャンスに飢えた男が躍動した。1点リードの初回1死一、二塁。糸井はニールの外角130キロチェンジアップを打ち返した。“40歳初安打”は左前打。3回には右前打を放ち、5回1死一塁では右翼ポール際に飛び込む大ファウル。惜しくも“40歳1号”は幻に終わったが、打ち直しで再び右前打をマークし、猛打賞とした。人気マンガ「ドラゴンボール」好きの超人らしく、「状態はいいと思います。完全体です!」と全開ぶりを猛アピール。フリーザやセルにも負けない鋼の肉体は健在だ。

 「糸井の季節」がやってきた。阪神に移籍した17年以降、8月は通算60試合で打率3割4分3厘、7本塁打、27打点。勝負どころの夏場にめっぽう強い。矢野監督は「嘉男(糸井)がいてくれると計算が成り立つ。後半戦に必要な選手」と優勝への切り札に指名した。

 誕生日だった7月31日の試合前練習では「本日の主役」と書かれたリボンを胸に付け、最後はナインと記念撮影。右手で「4」、左手で「0」をつくり、笑顔で写真に収まった。「本当にうれしかったですね。何十個も離れた後輩たちから祝ってもらえたのは感激ですし、プロ野球生活の中でも思い出に残る日になりました」。仲間への感謝は己のバットで伝えていく。(中村 晃大)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請