【広島】捕手で出場の中村奨成は外野も継続 佐々岡監督「打撃と走塁のいい面もある」

中村奨成
中村奨成

◆エキシビションマッチ 広島2―2ロッテ(1日・マツダスタジアム)

 広島・中村奨成捕手は7回の守備からマスクを被った。7月31日までは4試合連続で左翼でスタメン。打力と走力を買われ、後半戦の起用の幅を広げるため、外野の練習に重点を置いていた。この日は本職での出場だったが、佐々岡監督は今後の外野も「あるでしょう」と話した。

 前半戦も左翼で7試合に出場。不慣れなポジションで平凡な打球処理を誤るシーンもあった。練習を重ね、指揮官は「奨成なりに成長している。もう以前のようなこと(ミス)はない。打撃面や走塁面のいい部分もあるし」と期待した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請