五輪選手へのSNS中傷、JOCは「記録として残している」 悪質な事例は警察などで対応も

スポーツ報知
福井烈団長

 日本オリンピック委員会(JOC)は1日、都内のメインプレスセンターで会見を開き、東京五輪期間中に問題となっている選手へのSNSでの誹謗(ひぼう)中傷について、「モニタリングして、誹謗中傷にあたるものは記録として残している」と対応を明かした。

 JOCが把握している中傷の事例については「かなりの数、モニタリングしている」。悪質なものに対しては、警察などの機関とも連携しながら対応することも示唆した。日本選手団の福井烈団長は「選手の積み重ねてきた数年間の努力、時間を侮辱する行為、これは断じて許される行為ではない」と指摘した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請