100M障害の寺田明日香 決勝進出は逃すも「いろんな方々に支えられて今日も走れた」

スポーツ報知
レース後のインタビューで涙を見せた寺田

◆東京五輪 陸上女子100М障害準決勝(1日・国立競技場)

 寺田明日香(ジャパンクリエイト)は13秒06の1組6着で敗退。日本勢同種目初の決勝進出はならなかった。いいスタートを切ったものの、中盤から遅れをとった。「できるだけ前についていきたかったけど、あっという間に離されてしまったのは本当に悔しい。前半は昨日(予選)浮いたところだったので、かなり落ち着いて抑えて浮かないようにいきたかった。そこはだいぶアップでもうまくいったところ。ただ中盤以降スピードにのるところ踏切が近くなってきてそれに対応できなかった。そこがまだまだ課題だった。離された大きな要因だった」と話した。

 それでも「今は悔しい、しかないけど、いろんな方々に支えられて今日も走れた。いろんな人に出会って一緒に一つ二つ目標をクリアすることだったり、目標をつくって進むことがどれだけ大切で楽しいことかを感じながらやってこれた。ありがたいと思う」と目を潤ませながら感謝を伝えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請