望海風斗が「新たな世界に飛び込んだ」宝塚歌劇団退団後初のソロコンサートに気合

スポーツ報知
退団後初のソロコンサート「SPERO(スペロ)」の公開ゲネプロで熱唱した宝塚歌劇元雪組トップスター・望海風斗

 4月に宝塚歌劇を退団した元雪組トップスターの望海風斗(のぞみ・ふうと)が1日、大阪の梅田芸術劇場で大阪、福岡、愛知、神奈川を巡る退団後初のソロコンサート「SPERO(スペロ)」の公開ゲネプロを行った。

 タイトルの「SPERO」はイタリア語で「望む」という意味。望海は「いよいよ、新たな世界に飛び込んだという実感が湧いてきました。男役であろうと一人の人間であろうと歌うことが大好きだということは変わりません!」と、宝塚時代から慣れ親しんだ楽曲、ジャズ、ポップス、海外ミュージカルの楽曲などを4つのサロンで構成。表現豊かでのびやかな歌声を響かせた。

 大阪府にも緊急事態宣言が2日から発出される。暗いニュースが多いが、ミュージカル「ドリームガールズ」からタイトル曲をピンクの衣装でノリノリで歌った望海。「コロナ禍で不安も多い中、新たな一歩を踏み出そうとしていらっしゃる方がいたら、このコンサートが一つのきっかけになったらうれしいですし、コンサートを楽しみにしてくださっている皆様に、最高のギフトをお届けできるよう、一曲一曲心を込めて歌いたいです」と、力強く話した。

 歌劇団時代の同期や、ダンサー、コーラスグループと息もピッタリ。「最高に素敵なメンバーと、そしてスペシャルなゲストの方々と、そしてお客様との夢のような時間を私自身も楽しみにしています!」とコメントした。大阪公演は梅田芸術劇場で2~11日、福岡公演は北九州ソレイユホールで20~22日、愛知公演は東海市芸術劇場で9月16~17日、神奈川公演はKAAT神奈川芸術劇場で9月26日~10月5日予定。また、9日午後1時公演をライブ配信することも決定した。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×