藤田菜七子騎手が新潟12Rで2週ぶりのV ノアヴィグラスとのコンビは3戦3勝

スポーツ報知
藤田菜七子騎手

 藤田菜七子騎手=美浦・根本康広厩舎=が1日、新潟12R・3歳上2勝クラス(ダート1200メートル=15頭立て)でノアヴィグラス(牝3歳、美浦・古賀史生厩舎、父サウスヴィグラス)に騎乗し、好発を決めて逃げ切りV。2週ぶりの勝ち星を手にして、今年JRA通算13勝目とした。

 昇級初戦でも関係ない。菜七子とノアヴィグラスの強力タッグはこの日も健在だ。ゲートの速さを生かしてハナを奪うと、最後の直線ではオースミムテキが背後に迫ったが、前は譲らずにそのままゴール。50キロの斤量も生かし、見事に逃げ切った。「このクラスでもゲートは速いですね。左回りだとちょっと外に張るようなところがあるけど、一生懸命頑張ってくれました」と振り返った。

 菜七子は昨年秋の新潟の未勝利戦で初コンビを組んで初勝利に導くと、今年の7月には福島で1勝クラスを勝ち、2度の騎乗で2勝。この日は3度目の騎乗だったが、見事に勝利し、3度のコンビで3勝と相性の良さを見せた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請