グリーリッシュ帰国、マンチェスター・C移籍週明けにも確定か

イングランド代表のグリーリッシュ(ロイター)
イングランド代表のグリーリッシュ(ロイター)

プレミア連覇と悲願の欧州CL初優勝を狙うマンチェスター・Cが7月30日、イングランド代表MFジャック・グリーリッシュ獲得のため1億ポンド(約157億円)の移籍金をオファー。翌31日、当人のグリーリッシュがプライベートジェットで英帰国した。

英大衆紙『ザ・サン』が掲載した写真を見ると、クロアチアで休暇を楽しんでいたグリーリッシュは黒い野球帽をかぶり、白いTシャツと水色の短パン姿の非常にカジュアルな服装でプライベートジェットから降り立つと、そのまま黒塗りの車に乗り込み空港を去った。

同紙は「8月2日からアストン・ビラのプレシーズン・キャンプに合流する予定になっているが、グリーリッシュはこのままマンチェスター・Cに移籍したいと考えているはずだ」と記し、2016年8月に記録した8900万ポンド(139億7900万円)のポグバ越えとなる英国史上最高額の移籍金オファーをグリーリッシュを所有するアストン・ビラが受け入れる可能性が高いとしている。

しかし「サン」紙はグリーリッシュ獲得後、マンチェスター・Cがイングランド代表主将のハリー・ケイン獲得に本腰を入れるため、この英国史上最高となる移籍金記録は”長持ちしそうもない”とする。

ケインへの移籍金オファーは1億6000万ポンドと推測され、なんと日本円にして250億円越えの超大型移籍となる。実現すれば、グリーリッシュの英国史上最高額を大幅に上回り、2017年ネイマールの278億円に次ぐ世界史上第2位の移籍金額となる。

イングランド代表主将は8月2日に所属するトットナムのプレ・シーズン・キャンプに合流して、ヌーノ新監督との対面が予定されているが、ここで改めて移籍を希望するかどうかが、ケインのマンチェスター・C加入の鍵を握ると見られている。

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請