張本勲氏、バドミントン桃田賢斗とトランポリン森ひかるの敗退に「負けるとは…もったいない」

スポーツ報知
張本勲氏

 野球評論家の張本勲氏が1日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜・午前8時)にリモート生出演した。

 この日の番組は、通常、午前9時過ぎからのスポーツコーナーを午前8時16分過ぎから前倒しし午前9時11分過ぎまで、東京五輪の日本選手団の活躍を伝えた。

 その中でメダルが期待されながら敗れた選手たちを紹介。シングルス3回戦で敗れた女子テニスの大坂なおみ、卓球男子シングルス4回戦で敗れた張本智和、1次リーグ敗退となったバドミントンの世界ランク1位・桃田賢斗、トランポリン女子で決勝進出を逃した19年世界選手権女王の森ひかる、男子100メートルで日本勢が予選敗退したことを伝えた。

 張本氏は「特に桃田と森。負けるとは思わなかったねぇ」と明かし「すごく期待しておったんですけど、勝負の難しさと言えばそれまでなんですが、油断はしてないと思うんだけどもね。やっぱり心の底に勝てる、行けるというような気持ちがあったんじゃないか、と。これは結果論だけどそんな感じはする。もったいないね」とコメントしていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請