日本男子100M予選で全滅…5日400Mリレー予選まで気持ちと状態の立て直し急務

スポーツ報知
予選で敗退した多田(右、AP)

◆東京五輪 陸上(31日・国立競技場)

 陸上男子100メートル予選で、9秒95の日本記録を持つ山県亮太(29)=セイコー=が10秒15(追い風0・1メートル)の3組4着で敗退するなど、日本勢全3選手が予選で姿を消した。出場選手が全員準決勝進出を逃すのは、04年アテネ大会以来17年ぶり。山県は今大会日本選手団主将を務め、32年ロス五輪6位の吉岡隆徳氏以来、89年ぶりの決勝進出が期待されていた。

 前回リオ大会は、予選で9秒台はゼロ。タイム順の進出ラインも今回より0秒08遅い10秒20だった。この5年で日本が9秒台4人を輩出したように、世界のレベルも上がっていると感じた。100メートルの仕上がりは、“リレー侍”の活躍にも直結する。銀メダルの前回大会では山県とケンブリッジが準決勝へ。山県は、準決勝で五輪日本勢最速の10秒05を出して決勝へ肉薄した。まずはリレーまで気持ちと状態の立て直しが急務だ。

 金メダルを争うのは、19年ドーハ世陸王者の米国、2位の英国。この2か国は3人全員が準決勝へ進み、順調な仕上がり。下馬評通り、強敵となりそうだ。日本はリレー専門要員の桐生祥秀(日本生命)、デーデー・ブルーノ(東海大)、200メートルに臨むサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)も控える。成熟させたバトンワークと選手層が、今こそ試される。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請