青戸慎司氏、3人とも焦りの表情かみ合わない動き…山県亮太、多田修平、小池祐貴が予選で敗退

スポーツ報知
予選で敗退した多田(右、AP)

◆東京五輪 男子100M(31日、オリンピックスタジアム)

 陸上男子100メートル予選で、9秒95の日本記録を持つ山県亮太(29)=セイコー=が10秒15(追い風0・1メートル)の3組4着で敗退するなど、多田修平、小池祐貴(ともに住友電工)と日本勢全3選手が予選で姿を消した。出場選手が全員準決勝進出を逃すのは、04年アテネ大会以来17年ぶり。山県は今大会日本選手団主将を務め、32年ロス五輪6位の吉岡隆徳氏以来、89年ぶりの決勝進出が期待されていた。

 * * *

 これが魔物だ。4年に1度のレースにありとあらゆる要素をピタリと合わせ、100分の1秒を競うことの難しさ。走れてるはずなのに。調子は悪くないはずなのに。3人が3人とも焦りの表情とかみ合わない動きでぎこちなかった。持っている力を発揮させてくれない舞台だったと、自分でも思い返したほどだ。し烈な日本選手権から約1か月というタイトなスケジュールに加え、自国開催の重圧。自己記録が単純に結果へ表れるものではないことを痛感しただろう。

 切り替えるしかない。400メートルリレーではそれぞれの持ち味を生かして、100%の走りができる準備が必要だ。すでに厳しさは実感した。日本らしい緻密(ちみつ)さや精度は大きな武器。リベンジの思いも込めて、今度はチームで世界に挑んでほしい。(男子100メートル元日本記録保持者、中京大副部長・青戸慎司)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請