大野将平、井上康生監督を「最後に男にしたかった」「監督のもと2連覇できたことは一番の誇り」

スポーツ報知
フランス(左)に敗れ銀メダルとなり、井上康生監督(中)に頭を下げる大野将平(カメラ・相川 和寛)

◆東京五輪 混合団体決勝 日本1-4フランス(31日、日本武道館)

 新種目の混合団体で日本は決勝でフランスに1―4で敗れて銀メダルだった。1人目から連敗し、女子70キロ超級の素根輝(21)=パーク24=は勝ったが、男子90キロ超級のウルフ・アロン(25)=了徳寺大職=がテディ・リネールに屈し、女子57キロ級の芳田司(25)=コマツ=も敗れた。初戦の準々決勝はドイツに4―2、準決勝ではROCを4―0で退けた。日本は個人戦で史上最多9個の金メダル(男子5、女子4)と混合団体を含めて銀2、銅1を獲得。9年間の任期満了で退任する男子の井上康生監督(43)は選手への感謝を口にした。

 * * *

 尊敬する井上監督への思いがあふれた。大野将平が初めて見た五輪は、井上監督が優勝したシドニー大会だった。初代表は監督に就任した直後の13年。「柔道人生の全てが井上監督とともにあった。最後に監督を男にしたかったけど、かなわなかった。主将として責任を感じる」。混合団体で有終の美を飾らせることができず、悔しさをにじませた。

 初戦の準々決勝のドイツ戦。2番手でまさかの敗戦を喫した。それでも準決勝ではきっちり勝利。決勝は6番手で控えた。井上監督からは「どっしりと構えてくれ」と伝えられたが、出番は回ってこなかった。

 井上監督は涙する選手たちに、「それすらも受け止めて、胸を張ってこい」と伝えたという。「そんな監督を選手全員、大好きですし、尊敬しています。これで終わると思うと…」と言葉に詰まった。個人戦は2連覇し、「井上監督のもと、2連覇できたことは柔道人生において一番の誇り」。胸を張って集大成の五輪を終えた。

(林 直史)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請