史上最多9個の金メダルに導いた井上康生監督は「50年に一人の逸材」… 高校時代に指導・林田和孝さん

スポーツ報知
林田和孝監督

◆東京五輪 混合団体決勝 日本1-4フランス(31日、日本武道館)

 新種目の混合団体で日本は決勝でフランスに1―4で敗れて銀メダルだった。1人目から連敗し、女子70キロ超級の素根輝(21)=パーク24=は勝ったが、男子90キロ超級のウルフ・アロン(25)=了徳寺大職=がテディ・リネールに屈し、女子57キロ級の芳田司(25)=コマツ=も敗れた。初戦の準々決勝はドイツに4―2、準決勝ではROCを4―0で退けた。日本は個人戦で史上最多9個の金メダル(男子5、女子4)と混合団体を含めて銀2、銅1を獲得。9年間の任期満了で退任する男子の井上康生監督(43)は選手への感謝を口にした。

 * * *

 国際武道大女子柔道部の林田和孝監督(69)が、東海大相模高時代に指導した井上康生監督との思い出を振り返った。

 出会いは小学校時代に遡る。井上監督の父と同じ宮崎県警に務めていた同級生から、「林田、小学5年生ですごいのがいるぞ」と連絡があった。実際に試合を見に行くと、「こんな小学生がいるのか」と衝撃を受ける強さだった。中学1年から勧誘し、3年時には毎週のように足を運んだ。

 決め手は「7か年計画」だった。東海大相模高と東海大で、将来を見据えて一貫した指導を行うことを提案。また、高校では週に3度、数人を連れて東海大に稽古に行く。世界トップレベルの選手と日常的に組み合える環境が整っていた。

 入学後、驚かされたのが練習量だ。「手を抜くな」と言い続けてきた46年間の指導生活で、「『休むことも練習のうちだよ』と言ったのはあいつだけ」。普段の稽古の熱量はもちろん、練習を休みにしていた日曜日も一人で走る。「ウサギとカメ」に例えるなら「昼寝をしないウサギ」だった。

 同じ指導者としても一目置く。これまで日本代表はコーチ陣も現役時代の実績を重視していたが、「今は世界王者じゃない人も多い。考え方に合うコーチ陣」。栄養士、トレーナー、ドクター、各所属の監督らとのコミュニケーションも密に取る姿に、「指導者は一人ではできない。いろんな人の力を借りてやっている。らしいですよ」と感心する。

 「井上康生はね、やっぱりいいやつですよ。好青年です。普通だったらテングになってもおかしくない。だから友だちも多いし、協力してくれる。強い選手はたくさんいるけど、そういう面も含めて50年に一人の逸材かなと思いますね」。林田監督は選手としても監督としても、五輪の舞台で輝いた教え子をねぎらった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×