退任の井上康生監督、伝統は「変わらないことじゃない」「変えていくもの」…柔道担当記者が見た

スポーツ報知
混合団体決勝、フランス(左)に敗れ銀メダルとなり、肩を落とす(右から)ウルフ・アロン、素根輝、新井千鶴、向翔一郎、芳田司、大野将平

◆東京五輪 混合団体決勝 日本1-4フランス(31日、日本武道館)

 新種目の混合団体で日本は決勝でフランスに1―4で敗れて銀メダルだった。1人目から連敗し、女子70キロ超級の素根輝(21)=パーク24=は勝ったが、男子90キロ超級のウルフ・アロン(25)=了徳寺大職=がテディ・リネールに屈し、女子57キロ級の芳田司(25)=コマツ=も敗れた。初戦の準々決勝はドイツに4―2、準決勝ではROCを4―0で退けた。日本は個人戦で史上最多9個の金メダル(男子5、女子4)と混合団体を含めて銀2、銅1を獲得。9年間の任期満了で退任する男子の井上康生監督(43)は選手への感謝を口にした。

 * * *

 井上監督が聖地・日本武道館で宙を舞った。選手、スタッフに胴上げされ、「悔しい思いはあるが、こんなに素晴らしい選手たちと9年間戦わせてもらった。これほど幸せな者はいない。このチームと一緒に戦えたことを心から誇りに思う」と、感情がこみ上げた。有終の美は飾れなかった。それでも、金メダル以上にかけがえのない時間だった。

 井上監督の信念を感じた言葉がある。「私は伝統は『変わらないこと』じゃないと思っている。普遍的な思想、哲学は継承しながらも、伝統は変えていくものなのかなと」。19年1月、巨人・原辰徳監督と本紙で対談した席での発言だ。

 男子が金メダル0に終わった12年ロンドン五輪後、監督の打診を受けた。コーチを務めていた責任感から、「無力さも感じていた。本当に自分でいいのか?」と悩んだが、柔道界への熱い気持ちが上回った。代表合宿ではサンボ、ブラジリアン柔術、レスリング、沖縄角力(すもう)など異なる格闘技に学び、陶芸、茶道や書道にも取り組ませた。

 試合の時、畳に上がるのは自分1人。選手の自立をテーマに視野を広げ、考えるための材料や環境を用意した。柔道は1882年、嘉納治五郎師範によって創設された。歴史があるだけに「変えていく」ことは相当な勇気を伴ったはずだ。

 心に刻んでいる2つの言葉がある。一つは「初心」だ。00年シドニー五輪の前年、最愛の母・かず子さんが亡くなった。父から渡された最後の手紙に、「初心を忘れずに頑張りなさい」と書いてあった。五輪に向けてきれいに圧倒的に勝とうと考えすぎて調子を崩していたが、「地道に努力を重ねて前に進む」と原点に立ち返り、栄光をつかんだ。もう一つは「熱意・総意・誠意」。指導者として大切にしている考え方だ。

 リオでのメダル7個(金2個)を経て今大会、男子は7階級で史上最多5個の金メダルを獲得した。「柔道は金メダルを取れるという印象を与えたと思うが、団体の決勝で敗れたこと。これが世界の現状。ライバルの存在なくして我々の成長はなかった。ともに時間を過ごせたことを幸せに思う」。競い合った世界のライバルにも感謝した。井上監督らしい言葉だった。(柔道担当・林 直史)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請