井上康生監督、柔道ニッポン最多タイのメダル12個で勇退…9年間の任期満了

スポーツ報知
表彰式後、胴上げされる井上康生監督

◆東京五輪 混合団体決勝 日本1-4フランス(31日、日本武道館)

 新種目の混合団体で日本は決勝でフランスに1―4で敗れて銀メダルだった。1人目から連敗し、女子70キロ超級の素根輝(21)=パーク24=は勝ったが、男子90キロ超級のウルフ・アロン(25)=了徳寺大職=がテディ・リネールに屈し、女子57キロ級の芳田司(25)=コマツ=も敗れた。初戦の準々決勝はドイツに4―2、準決勝ではROCを4―0で退けた。日本は個人戦で史上最多9個の金メダル(男子5、女子4)と混合団体を含めて銀2、銅1を獲得。9年間の任期満了で退任する男子の井上康生監督(43)は選手への感謝を口にした。

 跳び上がり、喜びを爆発させるフランスの姿が、日本が喫した黒星の衝撃を物語っていた。出番が回ることなく、終戦を迎えた大野将平は、「この場で自分の柔道を見せたかった気持ちはあるが、チームで戦えたことを誇りに思っている。この混合団体で負けたこと。これはしっかりと胸に刻まないといけない」。柔道代表の主将として、敗戦の事実を受け止めた。

 フランスとの決勝。70キロ女王の新井が1階級下で63キロ級を制したアグベニェヌに敗れた。2番手は向。個人戦で3回戦敗退し、控室で号泣した。準々決勝から2試合を我慢強く戦い抜き勝利したが、またも悔やまれる結果に、「団体では少しでもみんなのために戦いたかったけど、足を引っ張ってしまった」と天を仰いだ。

 3番手の素根は2日間で7試合目だったがフル回転し、成長著しいディコを下した。男子100キロ級覇者のウルフ・アロンは、1階級上のテディ・リネールと対した。「柔道を続けていく上で破らなきゃいけない壁」。体格差がある相手に果敢に立ち向かい、最後まで攻め抜いたが、延長で力尽き、「ふがいない結果」と唇をかんだ。1勝3敗の崖っ縁。5番手の芳田も先に技ありを奪われた。望みをつなぐため、怒とうの勢いで技を仕掛けたが、無情にも4分間が過ぎた。

 日本は混合団体で世界選手権を4連覇している。選手層も厚く、金メダルが本命視されていた。ただ、フランスは競技人口が日本より圧倒的に多い柔道大国。各階級で頂点を争うライバルをそろえ、19年世界選手権決勝は4―2の接戦。当時は出場していなかったリネールも参戦し、団体戦への気迫もすさまじかった。大野も「フランスは強かった。尊敬しています」と、心から称賛した。

 それでも今大会、日本は個人14階級と団体の獲得メダル数は、史上最多だった16年リオ五輪に並ぶ12個(金9、銀2、銅1)に達した。自国開催で発祥国にふさわしい大活躍だったが、8人のチャンピオンを含む12人が並んだ表彰台に笑顔はなかった。次は24年パリ五輪。阿部詩は「本当に悔しい。パリ五輪ではしっかり、リベンジしたい」と誓った。日本はまだまだ強くなる。強くなれる。(林 直史)

 ◆井上 康生(いのうえ・こうせい)1978年5月15日、宮崎・都城市生まれ。43歳。東海大相模高、東海大を経てALSOK入り。五輪は100キロ級で2000年シドニー大会金、04年アテネ大会は敗者復活2回戦敗退。全日本選手権は01年から3連覇。03年世界選手権でV3。08年引退。12年11月に男子代表監督に就任。13年に国際柔道連盟殿堂入り。家族は妻でタレントの東原亜希との間に1男3女。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×