【有森裕子の本音】 新種目から思い出した「初心」 

有森裕子
有森裕子

 連日、熱戦が繰り広げられている東京五輪。私も様々な競技をテレビ観戦しています。前半、特に興味を持ったのが新種目のスケートボードとサーフィンです。いずれもプロスポーツとして海外では人気が高いものの日本ではまだまだ認知度が低かったのですが、両種目とも日本からメダリストが出たこともあり、一気に注目度が上がりました。

 これまで、プロスポーツのアスリートは「プロリーグがある」と、五輪に対してそれほど重要性を感じない面があったかもしれません。ただ、五輪という舞台に立ったことで、自分たちが思っている以上に様々な世代に対して大きな影響を与えたことを体験、体感したのではないでしょうか。

 また、出場選手たちが究極の緊張を持ちつつ“楽しそう”にプレーをしていたのも印象的でしたね。「好きだから」もですが、それ以上に「楽しいから」やる。まさにこれは、スポーツの大切な一つの根源だと思いました。そして、それが全面に出ている一人一人の表情にひきつけられました。

 一方で、体操女子ではリオ五輪4冠の米国のバイルス選手が「周囲からの期待に応えなければ」という「楽しむ」とは程遠い重圧に苦しみ、精神面を理由に途中棄権しました。同様の「プレッシャー」は多くの競技者が大舞台で抱えているものかと思います。もちろん競技性の違いはありますが、この違う表情を見せた新種目の選手には、どこか「なぜスポーツをやるのか?」という初心に大切な、ともすれば忘れてしまいがちなものを思い出させてもらった気がします。

 大会も後半に入り、陸上競技も始まりました。他競技の日本代表の活躍と単純に比べるわけにはいきませんが、現在の勢いに乗りつつも過剰な期待を自らにかけ過ぎず、肩の力を抜いて自分の目標に向かって冷静に向き合ってほしい。それができるアスリートの皆さんだと思っています。(女子マラソン五輪メダリスト・有森裕子)

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請