日本連敗から素根輝が一本勝ち 柔道混合団体戦決勝

スポーツ報知
素根輝

◆東京五輪 柔道(31日・日本武道館)

 新種目の男女混合団体でフランスと対戦した日本は女子70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)、男子90キロ級の向翔一郎(ALSOK)と立て続けに敗れたが、女子78キロ超級金メダルの素根輝(パーク24)が同級銅メダルのディコに大内刈りで技ありを奪うと、相手が引き込んできたところをうまくさばいて横四方固めにガッチリ抑え込んだ。10秒抑えて技ありの合わせ技一本勝ち。日本は1―2と一つ星を返した。

 混合団体戦は1チーム男女各3選手の6人編成で争われ、4勝すれば勝ち上がりとなる。決勝も4勝すれば優勝。この後は、男子100キロ級のウルフ・アロン(了徳寺大職)がリネールと対戦。女子57キロ級銅メダルの芳田司(コマツ)が5番手で、大将戦は73キロ級で五輪連覇の大野将平(旭化成)が登場。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請