“津軽のロビンフッド”古川高晴が4強、2大会ぶりメダルに王手

スポーツ報知
古川高晴(ロイター)

◆東京五輪 アーチェリー(31日・夢の島公園アーチェリー場)

 男子個人準々決勝で、ロンドン五輪銀の古川高晴(近大職)が李佳倫(中国)を6―0のストレートで下し、2大会ぶりに準決勝に進んだ。

 26日には男子団体でこの種目で日本初の表彰台となる銅メダルを獲得して勢いに乗る“津軽のロビンフッド”が、金メダルを射程に入れた。準決勝はトルコのメテ・ガゾズと対戦する。

 ◆古川 高晴(ふるかわ・たかはる)1984年8月9日、青森市生まれ。36歳。沖館中時代は英語部。青森東高では弓道部に入りたかったが部がなく、アーチェリーを始める。3年時に世界ジュニア選手権出場、国体優勝。2003年に近大に進むと、04年アテネ五輪で個人2回戦敗退、団体8位。07年以降は母校の職員として競技を継続。08年北京五輪個人1回戦敗退も、12年ロンドン五輪では個人銀メダル獲得。4大会連続となった16年リオ五輪は8位。175センチ、87キロ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請