【侍ジャパン】山田哲人1号3ラン含む4打点&2盗塁の大暴れ「金メダル獲得に貢献できるように頑張りたい」

チーム1号となる3ランを含む4打点の活躍を見せた山田哲人
チーム1号となる3ランを含む4打点の活躍を見せた山田哲人

◆東京五輪 野球 1次リーグ 日本7―4メキシコ(31日、横浜)

 侍ジャパンの山田哲人内野手(ヤクルト)が、チーム1号となる3ランを含む4打点で連勝での1次リーグ1位通過に大きく貢献した。

 1点リードの4回に1死から村上(ヤクルト)、甲斐(ソフトバンク)の連打で1死一、三塁の好機を作ると、山田が高めに甘く入った直球を振り抜いて左翼席へ運んだ。リードを広げる価値のある一発を「追加点が欲しい場面でしっかりと集中して打席に入れました。ホームランという最高の結果を出せて良かったです」と振り返った。

 さらに8回には2死二塁から中前適時打で勝利を決定付ける一打を放ち「コンパクトに狙い通りの打撃ができたので良かったです」とうなずいた。

 この日は初回に四球で出塁し、すぐさま二盗を決めるなど2安打4打点2盗塁の大暴れ。試合後のインタビューでは「金メダル獲得に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込んだ。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請