【侍ジャパン】ヤクルト・山田哲人がチーム1号…左翼席への3ランでリード広げる

左越え3ランをった山田哲人
左越え3ランをった山田哲人

◆東京五輪 野球 1次リーグ メキシコ―日本(31日・横浜)

 侍ジャパンは、1点リードの4回に山田(ヤクルト)がチーム1号となる3ランをたたき込み、リードを4点に広げた。1死から村上(ヤクルト)、甲斐(ソフトバンク)の連打で1死一、三塁の好機を作り、山田が高めに甘く入った球を振り抜いて左翼席へ運んだ。

 侍ジャパンは初戦だった28日のドミニカ共和国戦(福島)では苦しみながらも、坂本のタイムリーサヨナラ勝ち。1次リーグ2戦目のメキシコ戦は勝てば1次リーグ1位通過、負ければ3位となることが濃厚という重圧のかかる中、先発のマウンドには森下(広島)が上がり、スタメンは初戦と変わらなかった。

 初回に先発の森下が1死二塁からメネセスに中前適時打を許して先取点を献上。それでも直後の2回に浅村(楽天)、菊池涼(広島)のヒットで2死一、二塁の好機を作ると、甲斐が中前適時打を放って同点に追いついた。

 同点の3回には先頭の坂本(巨人)が左翼線へ二塁打を放ち、相手の失策もあって1死一、三塁の好機を作ると、浅村のボテボテの投ゴロの間に三塁走者の坂本が気迫のこもったヘッドスライディングで生還し、勝ち越した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請