【侍ジャパン】高木豊さんがメキシコ戦勝利試合を解説!…1次リーグ1位通過、準々決勝進出

勝利してタッチを交わす坂本勇人(中央)ら侍ジャパン(カメラ・相川 和寛)
勝利してタッチを交わす坂本勇人(中央)ら侍ジャパン(カメラ・相川 和寛)

◆東京五輪 野球 1次リーグ  日本7ー4メキシコ(31日、横浜スタジアム)

 野球日本代表、通称・侍ジャパンが、逆転勝ちで1次リーグ1位通過を決めた。28日のドミニカ共和国戦(福島)でのサヨナラ勝ちに続いて2連勝。1次リーグAグループ1位通過を決めた。8月2日に決勝トーナメント初戦を迎え、米国と韓国の勝者と対戦する。

力投する日本代表先発の森下暢仁(カメラ・矢口 亨)
力投する日本代表先発の森下暢仁(カメラ・矢口 亨)

【日本】 1(指)山田  2(遊)坂本  3(左)吉田正 4(右)鈴木誠 5(一)浅村 6(中)柳田 7(二)菊池 8(三)村上 9(捕)甲斐 先発 森下

【メキシコ】 1(三)I・ロドリゲス 2(右)S・エリサルデ 3(左)J・メネセス 4(指)A・ゴンザレス 5(遊)D・エスピノサ 6(一)E・ナバーロ 7(中)J・ジョンズ 8(二)R・ペーニャ 9(捕)A・ウィルソン 先発 J・オラマス

高木豊POINT

日本はドミニカ戦と同じスタメンで臨んできた。第1戦を勝っているので、動かしにくいし、その試合で後半に打線がつながったから、そのつながりを大事にしたのではないかな。こういう大会は“慣れ”も大事だから、打順は変えても、レギュラーは一度決めたらなるべく変えない方がいい。日本はこれでいいぞ

◇1回(日0、メ1)

【日】山田四球、坂本の三振のとき山田二盗、吉田正左飛、鈴木誠右飛

高木豊POINT

初回。日本はまだ徹底した攻めが出来ていないな。相手投手はクイックもしていないし、坂本は山田が走るまで待った方がよかったかも。吉田正、鈴木誠の当たりは悪くなかった。攻撃はこれからだ。守りは森下と甲斐の呼吸が合っていない。普段バッテリーを組んでいないから手探り状態かもしれない。相手はヒット方向が右。分からない投手をどう打つかが分かっている。手強いぞ

2回(日1、メ0)

【日】浅村右前安打、柳田三振、菊池涼の左前安打で浅村二進、村上三振、甲斐の中前安打で浅村生還、菊池涼二進、山田左飛

  • 2回無死、浅村栄斗が右前安打

    2回無死、浅村栄斗が右前安打

2回2死一、二塁、甲斐拓也の中前適時打で浅村栄斗(右から3人目)が生還。迎える侍ジャパンナイン(カメラ・相川 和寛)
2回2死一、二塁、甲斐拓也の中前適時打で浅村栄斗(右から3人目)が生還。迎える侍ジャパンナイン(カメラ・相川 和寛)

【メ】エスピノサ二ゴロ、ナバーロ三振、ジョンズ遊ゴロ

高木豊POINT

2回。よしっ、日本がすぐ追いついた。甲斐の当たりが中前に抜けたのがラッキーだった。ただ、柳田と村上が三振したのは気になるな。内角を適度に使って来るからかな。しかし、打てない投手じゃない。三振をたくさん取られるタイプでもでもないし。せっかくすぐ同点にしたのだから、失点しないことだ

◇3回(日1、メ0)

【日】坂本左翼線二塁打、吉田正の三ゴロをロドリゲスが一塁へ悪送球し一、二塁、鈴木誠の中飛で坂本三進、浅村の投ゴロで坂本生還、吉田正二進、柳田一ゴロ

  • 3回無死、坂本勇人が左翼線二塁打(カメラ・相川 和寛)

    3回無死、坂本勇人が左翼線二塁打(カメラ・相川 和寛)

3回1死一、三塁、浅村の投ゴロの間に三塁から生還した坂本勇人(カメラ・矢口 亨)
3回1死一、三塁、浅村の投ゴロの間に三塁から生還した坂本勇人(カメラ・矢口 亨)

【メ】ペーニャ三振、ウィルソン右飛、ロドリゲス三ゴロ

  • 力投する森下暢仁

    力投する森下暢仁

高木豊POINT

3回。日本が勝ち越した。1死一、三塁。普通なら三塁走者の坂本はスタートを切らない。高く弾んだ当たりだから、併殺は取れないからだ。三塁に走者を残したいところだったけど、相手の投手のミスに助けられた。攻撃では吉田正が進塁打を打つバッティングはしていないけど、結果は出している。鈴木誠はヒットが出ていないけど、センターから右方向に打っているから復調の兆しはあるよ。さあ、これからだ!

3回1死一、三塁、浅村栄斗の投ゴロで坂本勇人(6)が生還。迎える稲葉篤紀監督(右端)ら侍ジャパン(カメラ・相川 和寛)
3回1死一、三塁、浅村栄斗の投ゴロで坂本勇人(6)が生還。迎える稲葉篤紀監督(右端)ら侍ジャパン(カメラ・相川 和寛)

 ◇4回(日3、メ1)

【日】菊池涼二ゴロ、村上中前安打、甲斐の左翼線安打で村上一挙三進、山田1号左越3ラン、坂本三振、吉田正二ゴロ

  • 4回1死一、三塁、山田哲人が左越え3ラン本塁打(カメラ・相川 和寛)

    4回1死一、三塁、山田哲人が左越え3ラン本塁打(カメラ・相川 和寛)

高木豊POINT

4回。山田の3ラン。完ぺきな一発だったね。メキシコの投手は先発も2番手もあまり低めに来ない。ボールで誘ってくるような投球もしない。高さに目が慣れて来たところで出た山田のホームランと言えたね。日本は体が動いてきた。甲斐がヒットを打つ前にセーフティーバントを試みたけど、おそらくベンチのサインではなく、自分のアイデアだと思うよ。選手自身が状況を見て、考えながらやっている。いい傾向だ

4回1死一、三塁、山田哲人(右から2人目)が3ランを放つ(カメラ・矢口 亨)
4回1死一、三塁、山田哲人(右から2人目)が3ランを放つ(カメラ・矢口 亨)

【メ】エリサルデ中前安打、メネセスの右前安打でエリサルデ一挙三進、A・ゴンザレスの二ゴロ併殺打でエリサルデ生還、エスピノザ二ゴロ

◇5回(両軍0)

【日】鈴木誠遊ゴロ、浅村四球、(投手サンチェス)柳田三振、菊池涼の遊ゴロで浅村二封

【メ】ナバーロ三振、ジョンズ投手強襲内野安打、ペーニャ二飛、ウィルソン三ゴロ

笑顔でベンチに戻る森下暢仁(カメラ・矢口 亨)
笑顔でベンチに戻る森下暢仁(カメラ・矢口 亨)

高木豊POINT

森下が5回でお役御免。初回は堅かったけど、2回からは落ち着いて投球できたね。立ち上がりは心配した甲斐との呼吸も2回からはスムーズに行った。ストレートをコーナーに投げられた。チェンジアップと大きく曲がるカーブは、外国人選手は手こずるだろうと思っていたけど、バッテリーもそれが分かったのか、ストレートを見せながら、変化球で勝負をしていた。大崩れせず安定しているから、日本チームにとっては、今後も頼りになるだろうね。期待出来るよ

◇6回(両軍0)

【日】村上三振、甲斐三ゴロ、山田遊ゴロ

【メ】(投手伊藤)ロドリゲス遊ゴロ、エリサルデ一ゴロ、メネセス三ゴロ

  • 2番手で登板した伊藤大海(カメラ・相川 和寛)

    2番手で登板した伊藤大海(カメラ・相川 和寛)

◇7回(日1、メ0)

【日】(投手バニュエロス)坂本1号左越本塁打、吉田正中飛、鈴木誠四球、浅村三振、(投手アングアメア)柳田のとき鈴木誠二盗、ウィルソンが二塁へ悪送球し鈴木誠三進、柳田二ゴロ

  • 7回無死、坂本勇人が左越えソロ本塁打を放つ(カメラ・相川 和寛)

    7回無死、坂本勇人が左越えソロ本塁打を放つ(カメラ・相川 和寛)

7回無死、坂本勇人がソロ本塁打を放ち清水雅治コーチ(左)とタッチ(カメラ・矢口 亨)
7回無死、坂本勇人がソロ本塁打を放ち清水雅治コーチ(左)とタッチ(カメラ・矢口 亨)

高木豊POINT

7回。坂本に一発が出た。左投手と当たることが多い今大会。ドミニカのメルセデスは別にして、ふところに来るボールが多くて外角の制球はよくない左腕が多いよね。フルカウントからの7球目。速い球に照準を合わせてうまく打った。打席での考え方、ゲーム勘が戻って来たとでも言おうか。「国際試合の勘」が分かってきた。坂本はこれからもっと打って行くよ

【メ】A・ゴンザレス三振、エスピノサ中前安打、ナバーロ三振、ジョンズ四球でエスピノサ二進、ペーニャ中飛

 ◇8回(日1、メ2)

【日】菊池涼二飛、村上左飛、甲斐投手強襲内野安打、山田のとき甲斐二盗、山田の中前安打で甲斐生還、坂本のとき山田二盗、坂本三振

  • 8回2死二塁、山田哲人が中前適時打(カメラ・相川 和寛)

    8回2死二塁、山田哲人が中前適時打(カメラ・相川 和寛)

高木豊POINT

8回。日本が理想的な攻撃で7点目を奪った。2死からヒットで出た甲斐が二盗。山田がタイムリーを放った。相手投手がクイックの時間がかかることが分かっていて、そのスキを突いた。2球続けてけん制することもないから、どんどん走れる。こういう攻撃は、これからも生きてくるだろうね。でも、次の試合は日本チームのデータも集まるだろうし、注意をした方がいい。ただ、相手も急にクイックをやれって言われてもすぐには出来ないと思うけど。日本は選手の体が動き出している。いいね!

【メ】(投手平良)ウィルソンの代打ゴインス三振、ロドリゲス四球、エリサルデ左飛、メネセス1号左越2ラン、A・ゴンザレス三振

 ◇9回(両軍0)

【日】(投手ペレス、捕手ソリス)吉田正一ゴロ、鈴木誠中飛、(投手ブスタマンテ)浅村三振

【メ】(投手栗林)エスピノサ一ゴロ、ナバーロ遊ゴロ、ジョンズ三振

高木豊POINT

膠着(こうちゃく)気味だった試合、山田の3ランが日本を楽にさせたね。大きな一発だった。9番打者の甲斐がセーフティーバントを見せながら、上位打線につないだのも大きかった。日本は初対戦の投手に、ファーストストライクから打って行く姿勢が見えた。積極性が実を結んだとも言える。初戦のドミニカ戦に比べて堅さも取れた。足を使った攻撃も出ているし、今後が楽しみだ。いいぞ、侍ジャパン!

勝利してタッチを交わす坂本勇人(中央)ら侍ジャパン(カメラ・相川 和寛)
力投する日本代表先発の森下暢仁(カメラ・矢口 亨)
2回無死、浅村栄斗が右前安打
2回2死一、二塁、甲斐拓也の中前適時打で浅村栄斗(右から3人目)が生還。迎える侍ジャパンナイン(カメラ・相川 和寛)
3回無死、坂本勇人が左翼線二塁打(カメラ・相川 和寛)
3回1死一、三塁、浅村の投ゴロの間に三塁から生還した坂本勇人(カメラ・矢口 亨)
すべての写真を見る 21枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請