素根輝先輩は「365日、徹底的な努力と研究を課す方」…“仮想オルティス”高校後輩明かす

女子78キロ超級で優勝し、金メダルを手に笑顔を見せる素根輝
女子78キロ超級で優勝し、金メダルを手に笑顔を見せる素根輝
素根の稽古相手を務めたディビリア・ギルバートさん(中)
素根の稽古相手を務めたディビリア・ギルバートさん(中)

 柔道女子78キロ超級で金メダルを獲得した素根輝(21)の輝きに誰よりも心を震わせた男性がいる。富士大柔道部のディビリア・ギルバートさん(20)。福岡・南筑高時代の1学年後輩で、乱取り稽古の相手を毎日務めていた。また、大好物「おやつカルパス」のメーカーは祝福のプレゼントを検討している。

 決勝でオルティス(キューバ)の組み手を封じ込んで世界一の瞬間を迎えた素根の姿は、ギルバートさんの心を激しく震わせた。「泣きそうス…。自分、輝先輩の稽古でオルティス役だったス…。先輩の『3倍努力』がついに金メダルに…」

 日本人の父とフィリピン人の母を持つギルバートさんは、南筑高での素根の稽古パートナーだった。「柔道への熱意、練習への姿勢。365日、徹底的な努力と研究を課す方。柔道家として尊敬しています」。4分間を32本、午後11時に及ぶこともあった乱取り。178センチ、100キロのギルバートさんは「仮想オルティス」でもあった。素根は北京銅、ロンドン金、リオ銀の78キロ超級の女王を常に想定していた。「組み手が左右両方の珍しいタイプで多彩な技がある。自分もパターンをビデオで研究しました」。あえて組む力を弱める工夫をした時は「やる気がないなら帰れ!」と一喝された。

 厳しい先輩だが、畳を下りた素顔は女子。「普通のかわいらしい女の子です。GENERATIONSの片寄涼太さんの話をするとめっちゃ幸せそうな顔になりますよ」

 開幕直前の17日に連絡した。「輝先輩が高級なサーロインステーキをインスタに上げてたので『うまそ~!』って送ったら『最高だよ~、口の中ですぐ溶けてなくなっちゃうよ~、食べていいよ~』って。写真をたくさん送ってくれました。いい先輩です(笑い)」

 金メダリストになったら、ゴハンをおごると約束した。「しゃぶしゃぶも大好きな先輩なので一緒に」。後輩として初めてごちそうする。(北野 新太)

◆大好物「おやつカルパス」製造メーカーが「手に負えないくらい送りたい」

素根の大好物「おやつカルパス」(株式会社ヤガイ提供)
素根の大好物「おやつカルパス」(株式会社ヤガイ提供)

 素根の大好物のひと口サラミ「おやつカルパス」を製造する株式会社ヤガイ(山形)の社員らも金メダル獲得を祝福した。

 この日は、社内で全試合テレビ観戦。決勝は社員約30人が見守った。総務部の田村礼恵さん(37)は「みんなが沸きました。本当に勇気と感動をもらった。相手と体格差があったのでハラハラしながら見ていました」と歓喜した。

 「おやつカルパス」は2002年発売。「やわらかくあっさりとしています。よく『中毒性があってすぐに1箱なくなる』といった感想を目にします」(田村さん)。

 素根は、昨年4月にTBSで放送された「東京VICTORY」でおやつカルパスが大好きと公言。社員が番組を視聴していたことがきっかけで、5月にはおやつカルパス1000本(50本×20箱)などに手紙を添えてダンボール2箱分プレゼントした。

 今回の快挙に早速、再度プレゼントすることを検討中。田村さんは「ご迷惑かもしれないですが『手に負えないくらい送りたいね』と社員と話しています。本当にお疲れさまでしたと伝えたい」と話していた。

女子78キロ超級で優勝し、金メダルを手に笑顔を見せる素根輝
素根の稽古相手を務めたディビリア・ギルバートさん(中)
素根の大好物「おやつカルパス」(株式会社ヤガイ提供)
すべての写真を見る 3枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請