なでしこ高倉麻子監督、退任へ…後任にU─19日本女子代表監督の池田太氏が浮上

スポーツ報知
2点を追う展開に悲壮な表情の高倉監督

 日本協会がなでしこジャパンの後任監督候補にU―19日本女子代表監督の池田太氏(50)を挙げていることが30日、分かった。高倉麻子監督(53)の進退については、8月にも行う女子委員会で検証してから決定する見込みだが、池田氏について協会関係者は「実績は文句ない。当然、候補に入ってくる」と明かした。

 池田氏はJ1浦和、福岡のコーチなどを経て、17年から現職。就任して1年半の18年夏には、現なでしこジャパンのDF南萌華、MF林穂之香、FW宝田沙織、DF宮川麻都、DF北村菜々美、FW遠藤純の6人とともにU―20W杯フランス大会で初優勝。ミーティングで涙ながらに思いを語るほどの熱血ぶりで、選手から“熱男(あつお)”と呼ばれるなど信頼も厚い。佐々木則夫前日本代表監督、高倉監督も年代別代表の監督を経て、A代表の監督に就任していた。

 高倉監督は16年4月に就任。初の世界大会となった19年W杯は、前回大会準優勝国として臨むも16強で敗退した。1年延期の東京五輪は金メダルを目標に掲げていたが、8強で終えた。五輪に向けては、コロナ禍でマッチメイクが難航し、実戦の確保や強化の難しさがあった。それを補うために、長期の国内合宿を組んで積み上げを図ったが、結果には結びつかなかった。

 ◆池田 太(いけだ・ふとし)1970年10月4日、東京・小金井市生まれ。50歳。埼玉・武南高、青山学院大を卒業後にDFとして浦和加入。97年から浦和下部組織でコーチ、監督を務め2002年よりトップチームコーチ。福岡コーチを経て17年からU―19、U―20日本女子代表監督。18年U―20W杯で初優勝に導いた。

 ◆高倉 麻子(たかくら・あさこ)1968年4月19日、福島市生まれ。53歳。読売SC(現日テレ東京V)やレッドデビルズ(米国)などでプレー、日本代表通算79試合30得点。2004年に引退、11年に日本協会公認指導者S級ライセンス取得。13年にU―17女子代表監督に就任。14年U―17W杯で初優勝。16年4月になでしこジャパンの監督に就任。夫は日テレ東京Vの竹本一彦監督。趣味は読書。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請