園田教子さん、素根輝は 機会狙って手数増やし指導3につなげた

スポーツ報知
女子78キロ超級決勝、相手の反則負けで金メダルを獲得した素根輝(左)(カメラ・相川 和寛)

◆東京五輪 柔道女子78超キロ級決勝(30日・日本武道館)

 女子78キロ超級で初出場の素根輝(あきら、21)=パーク24・日大1年=が金メダルに輝いた。決勝で2012年ロンドン五輪女王のイダリス・オルティス(キューバ)に延長の末、8分52秒で指導3による反則勝ち。この階級は04年アテネ五輪の塚田真希以来、4大会ぶりに優勝した。日本柔道は初日から男女通じて史上初の7日連続、最多9個目の金メダルを獲得した。04年アテネ五輪女子78キロ級金メダリストの園田教子さんは、悲願を達成した素根をたたえた。

 * * *

 素根は本当によくやった。畳を下りる前から泣く姿は見たことがない。最初に代表に決まり、コロナ禍で思う練習もできず、大きなプレッシャーがあったと思う。もらい泣きしました。

 決勝、なかなか技が決まらなかったのは、オルティスの目に見えない圧があったのだろう。集中しすぎると同じ技を何度もかけてしまう。少しずつ冷静さを取り戻すと技数も増え、機会があれば投げてやろうと手数が増えた。大内刈りから背負い投げなど前後の技も相手は嫌がった。それが指導3つにつながった。

 釣り手対策をしっかり強化したのがうかがえる。釣り手をうまく使えば技も出て、ポイントにもつながる。楽に勝てるのだ。釣り手を相手に応じて使えるようになれば、素根や阿部詩らは五輪連覇も十分狙える。

 今大会の成績はコロナ禍の中、自分を見つめ直し、長所を伸ばした成果。混合団体戦は金1のフランスが必死になる。優勝で締めくくり、さらに勝ち続けてほしい。(04年アテネ五輪女子78キロ級金メダリスト・園田教子)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請